アンテノール

ANTENORのケーキは東京で味わえる本場神戸の味

このブログをやっているとお菓子を毎回のように食べるので、逆に食べないと落ち着かなくなってきます。

依存症なのでしょうか?

僕自身はこれをケーキ食べたい欲と呼んでいますが、このケーキ食べたい欲を解消するためにはおいしいケーキ(甘すぎない神戸で売っているようなケーキ)を食べる必要がある…

しかし、関東に住んでいる以上、神戸のような甘すぎない味付けのケーキを食べることは不可能だと思い、いっそ新幹線に乗ってこの欲を解消しに行こうかとさえ思った。

その時、ダメもとで買ったケーキが神戸の味に近くてケーキ食べたい欲が解消してしまった

これから、ここのケーキを食べよう。

ANTENOR

ANTENORは神戸の洋菓子店で、1978年に神戸に出店したのが始まりです。

現在では、高島屋や三越などのデパートに出店しており、ケーキやパフェなんかも売っているお店です。

値段的にはデパ地下の周りのお店に比べると若干安めに設定されています。

若い人が贈り物するのにちょうどいい値段設定だったりします

店内にはパフェを食べれるコーナーなんかもあったりして比較的買いやすいお店です。

このアンテノールのお菓子は何回か買っていたのですがどの商品もどこか他の店で見たような商品が多い印象です。

ヴィタメールで販売しているような商品を、お買い得に体験できるような店をANTENORだと思っていたので個人的には「ジェネリックヴィタメール」と読んでいました。

店内は明るく清潔な印象があります。

ショートケーキ・モンブラン

外観

倒れないようにしっかりと固定されていますね。

前にモンサンクレールを買ったときはガバガバ固定だったのでひどい目になりました。

ガバガバ固定だったモンサンクレールの記事はこちら→モンサンクレールのケーキがなかなかひどかった

今回はモンブランとショートケーキを購入しました。

味の詳細

ANTENORのお菓子は毎回微妙な評価なので味に関して、正当な評価を下せない可能性があるので、できるだけ客観的に味の詳細を書いていきたいです。

ショートケーキ

ショートケーキの生クリームは甘すぎず、スポンジと生クリームの食感はかなりふわふわで口の中で溶けます。

新鮮な乳製品の香りが鼻を抜けます。苺の酸味が際立ちます。

モンブラン

写真だけでは伝わりずらいかもしれませんが、かなりデカいです。

東京で売っているケーキにしてはかなりのサイズです。

断面はこんな感じです。

モンブランの中には生クリーム、焦がしキャラメル、メレンゲが入っています。

モンブランのマロンクリームはあまり甘くなく渋い栗のような香りです。

その代わりに、中身の生クリームや焦がしキャラメル、メレンゲはかなり甘いです。

焦がしキャラメルの香りが、かなり強くなっていて焦がしキャラメルが苦手な人には向かないかもしれません。

味の感想

とりあえず包装がちゃんとされていてよかったです。

ケーキが倒壊していたトラウマがあったので安心しました。

神戸の味

東京のケーキは神戸のケーキに比べて砂糖がたくさん使われていて甘いです。

なので、東京でケーキを買うと甘さが過剰でケーキ食べたい欲を解消することはできません

しかし、このANTENORのケーキは東京で売っていながら完全に味は神戸の味でした。

甘すぎなくて、生クリームとスポンジのいい香りを感じられる上品な味わいのケーキをANTENORなら食べることができます。

めっちゃおいしかったです。

贈り物に最適か?

ケーキの味はかなり僕が好きな味ですが、東京の人にあげるなら気を付けたほうがいいかもしれません。

甘さが東京で一般的に売られているケーキと比べて無いので、食べる人によっては「味がない」と思われるかもしれません。

個人的には超おすすめです。